矯正の治療計画って何をするの?|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

COLUMN
歯科コラム

矯正の治療計画って何をするの?

矯正治療は歯の動く方向や移動させる距離を計算して行なう必要があります。そのため、事前のカウンセリング、精密検査が重要になってきます。矯正治療の治療計画を立てる際に重要なのは、患者様の希望や悩みです。歯並びのどういった部分で悩んでいるのか、どのような歯並びにしたいのかによって治療内容も変わってきます。まずは、カウンセリングで患者様のご希望をお伺いした後、口の中の状態や噛み合わせを精密検査やレントゲンで確認していきます。また、歯並びや噛み合わせが悪い原因には様々な要因があるため、原因を特定するためにも治療計画は重要です。原因が把握できなければ、対策や治療方法を考えることもできません。

写真やレントゲンだけではなく、石膏模型を製作したり、CT画像を撮ったりなど、それぞれ違う観点から分析し、原因を徹底的に突き止めていきます。精密検査や分析を行なっていくと通常の矯正治療だけでは解決できない症状が出てくる場合もあります。虫歯や歯周病が原因である場合は、矯正治療を行なう前にしっかり治すことが必要であり、親知らずや特定の歯が原因である場合は抜歯を行なうことになりますし、顎の骨などに異常がある場合は大がかりな治療が必要です。

歯並びだけの問題ではないことが分かった場合、患者様に説明して優先的に行なう治療を確認していきます。優先的に行なう治療を行なった後、矯正治療をどのように行なっていくのか、具体的に治療計画で示していきます。 また、治療計画には矯正治療を終えた後も組み込まれています。矯正治療は歯並びが整って器具を外せば終わりではありません。矯正治療を終えた後、移動した歯が徐々に元の位置に戻ろうとする力が働きます。その力が働く保定期間に歯科医院に定期的に通っていただき、歯並びが戻らないために経過観察を行なっていきます。

治療計画は患者様の歯並びが理想に近づくように様々な事柄を計算し、適切な治療方法を決めていくためにあります。歯科医院と連携を取って矯正治療を成功させていきましょう。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約