詰め物があっても矯正治療はできるの?|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

COLUMN
歯科コラム

詰め物があっても矯正治療はできるの?

過去に虫歯治療を行なって詰め物や被せ物がある場合でも、矯正治療は行なえますが、治療に入る前に処置が必要になります。矯正治療に使用する矯正器具のブラケットは、歯の表面に接着剤をつけて直接貼りつけます。矯正治療をスムーズに行なうためにもブラケットの接着はとても重要ですが、素材によって接着性が異なるため、詰め物や被せ物がある場合は念入りに確認することが重要です。

ブラケットの接着が一番高いのは、治療をしていない健全な天然歯です。実は天然歯の表面にはエナメル小栓と呼ばれる目には見えない細かい管があり、この管に接着剤が流れ込むことでブラケットをしっかり接着させることができます。エナメル小栓の管が接着剤のストッパーとなることで安定した接着ができますが、詰め物や被せ物はこのエナメル小栓が存在しません。

詰め物や被せ物はセラミックと金属を使用していることが多く、これらの素材は表面がツルツルした素材でエナメル小栓のような管がなく、通常のブラケットの接着剤では接着性がとても低いです。金属の被せ物はプライマーという金属用の処理剤を塗ることでブラケットの接着が可能ですが、噛む力が強くかかる奥歯の被せ物は矯正治療中に外れやすくなるために注意が必要です。

セラミックの詰め物や被せ物がある場合はセラミックを外してレジン素材に切り替える必要があります。レジンは他の素材に比べて接着力が高く、天然歯と同じように接着させることが可能です。矯正前に行なった詰め物や被せ物は、その時の歯に合わせて作られているため、矯正治療の妨げと判断できれば特別な処置も場合によっては必要となります。当院ではワイヤー矯正を行なっていますが、詰め物や被せ物の状態、数によってはワイヤー矯正以外の治療方法をご提案させていただきます。マウスピース矯正では歯の表面に接着剤をつける必要がないため、金属やセラミックの詰め物や被せ物があっても矯正治療が可能なので、ワイヤー矯正が難しい方はぜひマウスピース矯正も視野に入れてみてください。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約