費用を抑えて矯正治療をしたい方へ|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

COLUMN
歯科コラム

費用を抑えて矯正治療をしたい方へ

矯正治療は保険適用外のため、患者様の負担となり、治療にかかる費用が高くなってしまいます。矯正治療を考えているけど、費用が高くて迷っている方に、できるだけ費用を抑えるポイントをご紹介していきます。

まず、矯正器具の種類の選び方が費用を抑えるのがポイントのひとつです。矯正器具には様々な種類がありますが、金属製でできている器具は基本的に安価で使用できます。審美性を重視すると目立たない器具を使用することになり、そういった場合は高度な技術や素材が必要で、高額になる傾向にあります。矯正器具の中でもマルチブラケットのワイヤー矯正が最も安い費用で使用できます。マウスピース矯正は以前、高額な費用が必要でしたが、技術力の向上によってブラケットタイプと大差ない費用での治療が可能となりました。

一方で、矯正器具が目立たない裏側矯正は、歯の裏側に矯正器具を接着させる必要があり、高度な技術が求められます。そのため、普及している表側矯正よりも施術できる医師が限られ、施術費用が高くなる傾向にあるので、見た目を気にしない場合は表側矯正を選ぶと良いでしょう。また、矯正治療のように保険適用外の自由診療では、歯科医院によって費用が異なることが多いのです。複数の医院を比べて、適切な費用の歯科医院を選ぶことも大切な要素です。さらに、分割払いにすることで月々の出費を抑えることもできます。総額は変わりませんが、月々に払う金額を分散することで費用に対するメンタルダメージを軽減できます。

費用を抑える矯正治療としてもうひとつのポイントは、部分矯正の検討です。気になる部分のみ矯正治療を行なうことができ、全体矯正の半分以下まで費用が抑えられる他、治療が(期間が)短いことも特徴です。ただし、部分矯正が適応できるケースは多くないため、歯全体の検査をしっかり行なって、他の歯にも問題がないかしっかりチェックしていきましょう。また、矯正治療は基本的に保険適用外ですが、重い疾患などある場合には保険が適用されることもあるため、適応される症例を事前に確認して治療計画を立てておきましょう。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約