難症例にも対応できるマルチブラケット|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

COLUMN
歯科コラム

難症例にも対応できるマルチブラケット

マルチブラケットは矯正治療で主流となっているワイヤー矯正です。歯1本ずつにブラケットを接着して、ブラケットの溝にワイヤーを通し、ワイヤーの引っ張る力で歯を適切な方向に少しずつ動かしていきます。矯正治療は他にもいくか方法があり、矯正器具が目立たない裏側矯正もあります。しかし、矯正治療の中でも表側矯正のマルチブラケットは歴史が長く、処置を施せる医師も多いため、様々な歯の症例に対応できるのが大きな特徴です。マルチブラケットでは歯1本ずつの移動方向や距離を計算し、ブラケットとワイヤーを装着させていきます。そのため、他の矯正治療の中でも歯が移動しやすいため、個々の歯を精密に動かすことができ、歯と歯が重なっていたり、歯の隙間が広かったり、大きく傾いて全体的に乱れている歯並びでも適応できる治療法です。

最初に想定した移動ができなかった場合も、マルチブラケットでは調整や修正を行なうことも可能です。ブラケットはそのままにしてワイヤーを調節することで歯の移動をコントロールすることができます。また、マウスピースを使用した矯正治療もありますが、取り外しが可能なためマルチブラケットよりも矯正期間が長く、細かい歯の移動が困難で難症例には対応できないことが多いです。

マルチブラケットはマウスピース矯正よりも(期間が)短いこと、歯の動きをコントロールしやすいこともメリットとして挙げられます。審美的な観点から治療を躊躇する患者様も少なくありませんが、歯の状態や費用面、治療を施せる医師の数からマルチブラケットが選択されることも多いです。矯正器具は年々進化しており、小さいながらも耐久性に優れているものもあり、昔よりも目立たずに矯正治療が可能となっています。どうしても矯正器具が目立つのが気になる方はブラケットをセラミック素材など目立たない素材に変更すると、より目立たない状態で矯正治療を行なうことができるようになります。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約