矯正治療後の後戻りについて|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

COLUMN
歯科コラム

矯正治療後の後戻りについて

矯正治療後に、せっかく綺麗な歯並びになったのに、歯が元の位置に戻ってしまう現象があります。これを後戻りと言います。歯と歯の間に食べかすがつまりやすくなった、などの変化によって後戻りに気づく方もいらっしゃいます。この後戻りの原因で最も多いのが、治療後に適切にリテーナー(保定装置)を使用していなかったことによるものです。そこで、矯正治療を始めてから以降、矯正治療が終わってからも気をつけなくてはならないことについてお伝えします。

矯正器具は取り付けたら終わりではなく、術後も定期的に通院する必要があります。1ヶ月に1回ほど通院し、歯の動きや虫歯のチェックを行ないます。治療の総期間は概ね2年半~3年と考えておくとよいでしょう。

そして、無事に希望通りの位置に歯が移動したら、矯正器具を取り外すことができます。しかし、そのままにしていると歯はもとの位置に戻そうとする力が働きます。これが、矯正治療後の後戻りです。それを防ぐためにリテーナーを装着しなくてはいけません。一般的には、マウスピースや歯の裏側に取りつける装置などです。この期間は、概ね1~2年で、3ヶ月に1回ほど通院します。ケースによっては3年以上に渡ってリテーナーを装着することを勧められることもあります。この保定とメンテナンスが非常に重要になってきます。

食事と歯磨きのとき以外は基本的に装着するのですが、面倒だからといってリテーナーを装着しないと後戻りする可能性が高くなります。

生活習慣においても、後戻りを助長させてしまう行動があります。頬杖をつくこと、横向きで寝ること、唇の巻き込みや舌の癖などです。これらの癖に思い当たる方は、意識して直すようにしましょう。無意識にこれらの癖を繰り返すことで、歯が動いてしまう恐れがあるからです。

もしも、後戻りをしてしまったのではないかと感じたら、できるだけ早く歯科医院に相談することが大切です。早期治療を行なえば、後戻りの重症化を防ぎ、簡単な処置で対応が可能になります。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約