中高生の矯正歯科治療|お口に合わせた矯正歯科治療をご提案する堺市の矯正歯科 西村歯科

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

TEEN
中高生の矯正歯科治療

中高生の矯正歯科治療について For Teen

中高生の矯正歯科治療について

歯列矯正は、何歳からでも治療を始められます。大人になってからでも大丈夫ですし、永久歯が生え揃った中高生からでも問題ありません。
中高生の場合は、大人の矯正歯科治療で使う矯正装置を使用しますが、成人よりもまだ骨格が軟らかく、より歯を動かしやすいという特徴があります。
噛み合わせを治療することで、咀嚼の偏りや猫背、口呼吸などの日常生活の良くない癖の改善にもつながります。歯垢が溜まりにくくなり、虫歯・歯周病のリスクも下げられます。なにより歯並びがきれいになると、口もとや表情に自信がもてます。
中高生はまだ体が成長を続けている時期です。矯正歯科治療による噛み合わせの改善が、心身の健康的な成長の助けとなります。

中高生の矯正歯科治療のメリット

メリット01病気になりにくい歯を作る

矯正歯科治療で歯を整えると、食べカスや歯垢が歯間や歯周ポケットに溜まりにくくなります。歯ブラシが隅々まで行き届いて歯磨きがしやすくなるので、口内を清浄に保ちやすく、虫歯や歯周病などのリスクを低減できます。

メリット02将来的な歯の寿命が長くなる

噛み合わせが悪い場合には、食べ物を噛むときに左右どちらかに偏ってしまい、一部の歯とその箇所の骨だけに負担がかかることがあります。歯槽骨が弱ると歯の寿命は短くなるので、噛み合わせの改善が有効です。

メリット03姿勢が良くなって集中力が上がる

上下の歯列がうまく噛み合っていないと、顎骨から体全体のバランスまで崩れてしまうことがあります。矯正歯科治療によってバランスを整えると姿勢まで良くなって、肩こりや頭痛なども改善し、集中力も向上します。

メリット04自分で装置の管理ができる

まだ小さな子どものときの矯正歯科治療は、どうしても保護者の方のサポートが必要です。しかし中高生の場合は大人が管理しなくても、自分で歯磨きの徹底や定期通院が可能です。口内健康への意識も高まります。

メリット05モチベーションを維持したまま治療に取り組める

低年齢のうちは保護者の方主導で治療するという場合が多いですが、中高生になるとご自身の考えで矯正歯科治療に臨む方がほとんどです。数年間装置をつけて生活するので、「歯並びを整えたい!」という意識は大切です。

メリット06治療結果の見通しを立てやすい

中高生は顎の成長を終えて永久歯も生え揃っているので、治療後の歯列や顔つきの変化を、シミュレーションしやすいのが特徴です。小学校低学年だと変化を予測しにくい場合がありますが、中高生ではほぼ想定した結果を得られます。

歯並びが気になる中高生と保護者さまへ

歯列矯正は、大人になってからでも始められる治療ですが、中高生の間はまだ顎の骨が柔軟で、歯の移動が大人よりもスムーズなのがメリットです。
矯正装置をつけて学生生活を送るのは、不便なこともあるかと思います。しかし大人になると、なかなか治療の時間を確保できないという問題もあります。早期に治療に取り組むことで、卒業式や成人式といったライフイベントを美しい口もとで迎えられ、受験や就職活動といった場面でも、自信につながるでしょう。
歯並びは見た目だけの問題ではありません。乱れた歯列は歯の寿命を縮めることにもつながります。
永久歯は二度と生えてこない一生の宝です。整った歯列で、健やかな日々を過ごすために矯正歯科治療をご検討ください。

マルチブラケットによる矯正歯科治療 Multibracket appliance

マルチブラケットによる矯正歯科治療

当院の矯正歯科治療では、マルチブラケットという装置を使用します。
歯の表面に直接マルチブラケットを取りつけて、そこにワイヤーを通して力をかけ、歯を動かします。
この矯正歯科治療は歴史が長く、さまざまな実績があります。歯の1本1本に装置をつけるので、歯の動きを精密にコントロールできます。複雑で難しい歯並びにも問題なく対応できます。ほかの矯正歯科治療よりも効率的に力をかけられるので、歯列が早く整いやすく治療にかかる期間も短くできます。
マルチブラケットは金属製で、目立つのが気になる場合がありますが、当院ではセラミック製の白いマルチブラケットも採用しています。金属よりも歯列に溶け込み、自然な印象の口もとのまま治療ができます。

マルチブラケットはこんな方におすすめです

装置が見えても気にしない方

マルチブラケットはほかの人にも装着していることがわかるので、どうしても見た目が嫌だという場合もあります。とにかく歯並びをきれいに整えることが最優先で、そのための治療だから見た目は気にしないという方におすすめです。

ほかの矯正歯科治療では難しい歯列の方

歯が複雑にねじれて生えていたり、マウスピース型装置では十分な結果が得られそうになかったりする場合がありますが、マルチブラケットならほとんどの症例に対応可能です。

費用をなるべく抑えて治療したい方

マルチブラケットによる矯正歯科治療は一般的に行なわれており、治療法が確立され広く普及しているので、ほかの矯正歯科治療よりも費用を抑えられます。費用は精密検査後の治療計画で定まるので、治療開始前にご説明します。

日々の口腔ケアをしっかりできる方

マルチブラケット装置は、患者さまご自身で取り外せません。食事の際もそのままなので、装置に食べ物が引っかかりやすく、虫歯や歯周病のリスクは高くなります。歯磨きなどの毎日の口腔ケアが重要です。

治療期間を短くしたい方

マウスピース型装置などほかの矯正歯科治療では、実際の治療を開始するまでに、装置の準備で待つ時間があります。マルチブラケットは速やかに始められ、歯が動くスピードも速いので、治療期間全体を短くできます。

マルチブラケットのメリット

  • 歯1本1本にマルチブラケットを接着し力をかけるので、目的の方向に移動しやすく、治療期間も短縮できます。
  • マルチブラケットによる治療は、普及率の高い方法なので、ほかの方法よりも費用を抑えて治療できます。
  • 精確なコントロールがしやすい矯正方法なので、難しい症例でも問題なく目標通りの歯並びに整えられます。
  • スタンダードな治療なので、進学や就職などで引っ越すことになっても、転院を受け付けてくれる歯科医院に困りません。
  • 強度に優れた丈夫な装置なので、部活動などの日常生活で破損したり、外れたりする心配はありません。

マルチブラケットの注意点

  • 治療開始時には、違和感が発生します。歯の動きにともない痛みが出ることもありますが、いずれもだんだんと慣れてきます。
  • 歯の表面に常に装置があるので、接触が激しいスポーツや楽器演奏などは、けが予防のため難しい場合があります。
  • 患者さまの手で取り外せない装置なので、慣れるまでは食事や歯磨きがしにくいと感じることがあります。

矯正歯科治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2 週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第一期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第二期治療で1~2年半を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正歯科治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約