大人の矯正歯科治療|お口に合わせた矯正歯科治療をご提案する堺市の矯正歯科 西村歯科

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

ADULT
大人の矯正歯科治療

大人の矯正歯科治療について For Adult

大人の矯正歯科治療について

歯並びを整える矯正歯科治療は、子どものころに行なうイメージをおもちの方が多いかもしれませんが、何歳からでも開始できます。歯が生え変わる時期だけでなく、大人になってから歯並びが変化することもあるので、ずっと気になっていたという場合にも、まずは歯科医院にご相談ください。
歯の位置が良くないケースのほとんどは、顎に歯が生え揃うスペースが十分にないことが原因となっています。大人の顎はこれ以上成長することはないので、抜歯して必要なスペースを設けることもあります。
歯を動かすためには矯正装置を使用します。歯にブラケットという部品を取りつけて、ワイヤーを通して力をかけます。弱い力をかけ続けることで、歯は適切な位置に移動します。

大人の矯正歯科治療のメリット

メリット01口内トラブルを予防できる

歯並びを整えると食べ物が歯に挟まりにくくなります。歯磨きの際に歯の隅々まで歯ブラシが行き届くようになり、プラークコントロールしやすくなるので、虫歯や歯周病といった口内トラブルの予防につながります。

メリット02歯の寿命を延ばす

歯が乱れていて噛み合わせが悪いと、咀嚼の力がかかる箇所に偏りができて、歯槽骨の負担となります。ダメージが蓄積し続けると、歯は抜けてしまうこともあります。噛み合わせの改善で、骨と歯の健康を保ちます。

メリット03不定愁訴の改善につながる

噛み合わせが悪いと、顎骨に影響し体全体のバランスまで崩れてしまうことがあります。肩こりや腰痛、頭痛などといった不定愁訴の原因になっている場合は、矯正歯科治療によって症状の改善につながることがあります。

メリット04口腔ケアが行き届く

子どもの矯正歯科治療は、装置をつけた状態でも口内を健康に保つために、大人がサポートする必要があります。大人になってから治療を始めると、ご自身で清掃を徹底できるので、治療中もケアが行き届いて安心です。

メリット05目的意識をもって取り組める

大人になってからご自身で矯正歯科治療を選択されるということは、それだけ改善しようという気持ちが強いということです。矯正歯科治療には数年を要するので、目的意識をもって治療に取り組めるモチベーションの高さも重要です。

メリット06シミュレーションしやすい

大人の骨格は成長を終えているので、矯正歯科治療後の歯並びや顔貌の変化をシミュレーションしやすいという特徴があります。子どもだと予測しにくい変化もわかるので、治療の目標が可視化されるというメリットがあります。

マルチブラケットによる矯正歯科治療 Multibracket appliance

マルチブラケットによる矯正歯科治療

当院ではマルチブラケットによる矯正歯科治療を行ないます。
マルチブラケットとは歯の表面に接着する矯正装置です。そこにワイヤーを通して引っ張る力を利用し、歯を動かしていきます。
歴史のある治療方法で、さまざまな実績があります。難症例を含むほとんどの不正咬合に対応できるスタンダードな治療法です。マウスピースなどほかの矯正装置よりも歯を動かしやすく、治療期間も短くできるのが特徴です。
通常マルチブラケットは、金属の素材でできているので、口を開いたときに見た目が気になるという方が多くいらっしゃいました。当院ではそうした審美面にも配慮して、目立たないセラミック製の白いマルチブラケットも採用しています。

マルチブラケットはこんな方におすすめです

装置の見た目が気にならない方

矯正歯科治療で歯並びを整えることが一番の目標で、装置の見た目自体はあまり気にならないという方には、マルチブラケットがおすすめです。歯が動きやすいので、目的の位置に歯を動かすことを優先した治療が可能です。

難しい歯列の方

患者さまの歯の位置によっては、マウスピースなどほかの方法は適用が難しい場合があります。マルチブラケットはほとんどの症例に対応できるので、複雑な歯並びの場合であっても治療できます。

できるだけ費用を抑えたい方

マルチブラケットは、一般的でベーシックな矯正装置です。そのためほかの矯正歯科治療よりも費用を抑えられます。治療費に関しては初診相談で大まかに、治療計画の立案で詳細にお伝えできます。

ご自身で衛生管理ができる方

マルチブラケットを設置すると、どうしても装置に食べ物が絡まったり、歯垢が溜まりやすくなります。虫歯や歯周病になると矯正歯科治療は中断せざるを得ないので、ご自身で口腔の衛生管理がしっかりできる方に向いています。

速やかに治療を始めたい方

舌側矯正は、治療目標となる歯列模型の作製が必要です。マウスピース型矯正は、患者さま専用の装置の作製をメーカーに依頼します。こうした方法と違い、マルチブラケットはお待たせすることなく治療を開始できます。

マルチブラケットのメリット

  • マルチブラケットを歯1本ずつに取りつけて力をかけられるので、歯が動きやすく治療期間が短く済みます。
  • スタンダードな矯正方法で、ベーシックな装置を使用するので、ほかの矯正歯科治療よりも費用を抑えられます。
  • 難しい症例にも対応可能で、精密にコントロールしながら歯を正しい位置に移動させられます。
  • 普及している方法なので、引っ越しなどで転院が必要になっても対応できる歯科医院が多いです。
  • 装置に強度があるため、日常生活で壊れたり外れたりする心配がほとんどなく、安心して装着し続けられます。

マルチブラケットの注意点

  • 治療を開始して歯が動き始めると、痛みや違和感を覚えることがありますが、徐々に慣れて感じなくなります。
  • 唇側に矯正装置が常時ついているので、コンタクトスポーツなどで口もとに強い衝撃が加わると、けがをする可能性があります。
  • マルチブラケットは患者さまご自身で取り外せないので、食事や歯磨きの際にわずらわしさを感じることがあります。

矯正歯科治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2 週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第一期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第二期治療で1~2年半を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正歯科治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約