子どもの矯正には段階があるの?|矯正歯科コラム

お気軽にお問い合わせください

072-229-6474

COLUMN
歯科コラム

子どもの矯正には段階があるの?

子どものうちから、矯正治療をしてあげたいと考える親御さんは多くいらっしゃいます。実際、まだ永久歯に生え変わっていない小学生以下のお子さんからでも、矯正治療は可能です。さらに小さいうちから治療を始めることには多くのメリットがあります。小さいうちに治療をすれば、本格的な矯正治療や抜歯などを行なわずに済む可能性が高まります。

永久歯が生える前から治療を始めることにより、永久歯が正しい位置に生え、固定されるのを促すことができるからです。また矯正治療により、顎の骨や顔のバランスが整います。大人になってから骨格を変えようと思ったら、外科治療を行なわなければなりません。子どもだからこそ、成長に合わせて骨格からアプローチしていけます。ただしお子さんの年齢や歯の生え変わり時期や状態によって、治療の方法が変わってきます。小学生以下のお子さんの治療は、第1期と第2期の二つの段階に分けられます。それぞれの期間の特徴、行なえる治療などの違いについてご説明します。段階を踏んで、着実に矯正治療を進めていきましょう。

第1期の治療は、まだ乳歯と永久歯が混在している時期の低学年の時期に行ないます。期間としては約1~3年です。この時期は顎の骨が柔らかいので、床矯正治療のための専用の矯正装置を使って顎の成長をコントロールします。そうすることによって、永久歯が生えてきたときに正しい位置に並ぶようになります。その際に用いる矯正装置は、常時装着しなければならないわけではなく、在宅時や就寝時のみに装着すればよい点なども、小さいお子さんにとっては安心でしょう。

この第1期の治療で十分な結果が出れば、第2期の治療に進まずに治療を終えられるケースもあります。第2期は永久歯が生え揃ってからです。大人と同じように、ブラケットという矯正装置を歯列の表側に装着します。ワイヤーで力を加えて歯を正しい位置に誘導します。矯正装置とその使用方法は大人と同じですが、子どもは顎の骨が柔軟なので、歯を正しい位置に移動させやすいというメリットがあります。

top
072-229-6474 お問い合わせ
line
LINE予約
お問い合わせ CONTACT
line
LINE予約